テレビカメラ調査工

 概要

テレビカメラ調査は、既設管渠内に自走式のテレビカメラを挿入し、管渠内の状況を把握する調査です。

 

地上に設置したモニターテレビに管渠内の異常箇所(破損、クラック、浸入水、継ぎ手、取付管等)の状態を写し、動画・静止画を収録していきます。

管路内の全景を映す直視撮影と、異常箇所などの局所を映す側視撮影、2つの撮影方法があります。

 

通常の点検・調査のほか、緊急対応調査、他工事による影響調査その他広範囲に行います。

 

弊社が採用しているテレビカメラはケーブル長が300mで、小口径から大口径まで調査が可能です。

取付管カメラはケーブル長が30mで直視撮影での調査が可能です。

 

特徴

  • 映像画面中に各種文字表示および記録が可能なため、迅速な資料作成が行えます。
  • 自走式で、管口だけでなく本管内部の詳細な調査が可能です。
  • 直接目視が困難な小口径管でも管内の破損などの状態をモニターで確認が出来ます。