• ホーム
  • 技術紹介
  • ソフトコアリング工法(コンクリート構造物調査技術〔小径コア〕

ソフトコアリング工法(コンクリート構造物調査技術〔小径コア〕

 

ソフトコアリングとは

ソフトコアリングとは、建築構造物適用の技術で、従来に比べて小径のコア供試体でコンクリート構造物の強度を行う工法です。

またコア抜きによる構造物へのストレス軽減や調査工期・コストを圧縮できます。

 

ソフトコアリングC+とは

ソフトコアリングC+とは、土木構造物適用技術で、ソフトコアリングと同様に小径コア供試体によるコンクリート構造物の強度調査を行う工法です。

塩化物イオン量、中性化深さの測定を付加することで、土木(Civil)構造物に適用可能となる技術です。

 

 詳しくはこちら