目視調査工

概要

調査員が管渠内に入り、直接目視によりその性状を把握する調査方法です。

目視調査は、管径800mm以上の管渠で行います。

 

 特徴

調査員が直接管内に入り、異常個所を詳細に調査することができるので、劣化などの原因追求がしやすいのが特徴です。